世界の高金利通貨ランキング

トルコリラ 政策金利

お気に入りに追加

トルコリラの政策金利と推移

トルコリラ トルコの政策金利は2018年1月現在8.00%
 2014年に入って、5月からの連続利下げでしたが、通貨防衛の意味もあり下げ止まりとなっていましたが、2015年1月、2月と、連続の利下げとなりました。その後は据え置きとなっています。
 2016年11月のトルコ中銀の政策金利発表での利上げ後、その後は8.00%が続いています。


スポンサード リンク


1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 8.00
2017年 8.00 8.00 8.00 8.00 8.00 8.00 8.00 8.00 8.00 8.00 8.00 8.00
2016年 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 8.00 8.00
2015年 7.75 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50
2014年 10.00 10.00 10.00 10.00 9.50 8.75 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25
2013年 5.50 5.50 5.50 5.00 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50
2012年 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.50
2011年 6.25 6.25 6.25 6.25 6.25 6.25 6.25 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75
2010年 6.50 6.50 6.50 6.50 7.00 7.00 7.00 7.00 7.00 7.00 7.00 6.50
2009年 13.00 11.50 10.50 9.75 9.25 8.75 8.25 7.75 7.25 6.75 6.50 6.50
2008年 15.50 15.25 15.25 15.75 15.75 16.25 16.75 16.75 16.75 16.75 16.25 15.00

トルコに投資をする方法

 トルコに投資をする方法には、外貨預金、外貨MMF、外債、FXなどがあります。

 外貨投資をするのに一般的なのは外貨預金ですが、手数料・利率が不利で、おすすめではありません。

 例えば、新生銀行でトルコリラの外貨預金の取り扱いがありますが、手数料は50銭~1円、利率は1年ものは6.00~6.05%です。

 1ヶ月だけ30.00%という金利ですが、キャンペーン金利で1ヶ月のみなので、長続きはしません。

 金利で見るなら、外債、外貨MMFです。

 外債は、楽天証券、SBI証券などで発売があり、楽天証券のトルコ・リラ建て利付債券が、1年もの参考利回り年12.18%、1000ドル単位と高利回りとなっています。

→楽天証券についてはこちら


 同じく高金利なのが外貨MMFで、楽天証券、SBI証券、カブドットコム証券で11%を超える金利となっています。

 外貨MMFは、10通貨単位からの購入が可能なので、外貨積立での投資にも適しています。

→外貨MMFについてはこちら

 コスト・金利で見るとおすすめがFXです。

 金利が一番高いGMOクリック証券(くりっく365)では1万通貨あたりのスワップが1日99円。

 金利換算すると約11.5%と、外貨MMFを超える金利。それでいて、為替手数料(コスト)は2.9銭と、外貨MMFと比べて、約68分の1とかなり安くなっています。

 FXはハイリスクではありますが、レバレッジ1倍で運用すれば、リスクは、外貨MMF、外債と変わりません。SBI FXトレードなど1通貨から取引できるところもあるので、少ない資金からの投資も可能です。

→FXのスワップ金利等についてはこちら


少額で投資するなら外貨MMF

 

 初めてトルコリラに投資する場合、高金利といっても新興国の通貨だけに、大きな金額を投資するのに少し気がひけるかもしれません。
 そんなあなたも外貨MMFなら、手軽に投資をはじめることが可能です。

 楽天証券、SBI証券なら10通貨単位(320円程度)から投資が可能。
 カブドットコム証券なら1万円から投資が可能です。
 金利も11%超えです。


会社名 金利 為替手数料 取引単位
カブドットコム証券 11.68% 2円 1万円~
楽天証券 11.676% 2円 10通貨~
SBI証券 11.676% 2円 10通貨~

※最新のトルコリラの外貨mmfの金利はこちらからご確認下さい。


利率も高く、為替手数料も高いFX

 FXなら、外貨mmfよりも、為替手数料(スプレッド)が安く、より多い金利を手にすることが可能です。
 当然リスクはありますが、毎日スワップ金利がもらえるのは魅力的です。

 証券会社ごとにスワップ金利は違いますが、2018年1月現在では、1日99円程度と一番高いGMOクリック証券(くりっく365)がねらい目です。1000通貨から取引をできる点もメリット。口座開設キャンペーンにも注目です。

 そのほかの取引会社については、下の表をごらんください。主要な証券会社のスワップ金利を調べたものです。
 最新のスワップ金利などの取引条件については、会社名をクリックして、ご確認ください。

会社名 スワップ金利 スプレッド 手数料 取引数量
GMOクリック証券(くりっく365) 99円 2.9銭 無料 1万
セントラル短資FX 90円 2.5~6銭 無料 1万通貨
ヒロセ通商(LION FX) 90円 1.9銭 無料 1000通貨
FXプライム byGMO 90円 4.8銭 無料 1000通貨~
サクソバンク証券 85円 1.4銭 無料 1万通貨
SBI FXTRADE 82円 4.8銭 無料 1通貨~
FXトレードフィナンシャル 80円 15~50銭 無料 1万
マネースクウェア・ジャパン※1 63円 8銭 1000通貨あたり30円~ 1000通貨~

※1 マネースクウェア・ジャパンは他の証券会社より条件がよくありませんが、自動売買ができます。


トルコリラのFX投資は、低いレバレッジのスワップ運用で

 投資方法はオーソドックスなスワップ運用がいいでしょう。最大限リスクを見積もって、できるだけ安全なレバレッジで積み立てるという方法です。

 現在トルコリラは30円あたりで低い水準です。
 それでも、安心はできませんので、レバレッジを抑えて、スワップを確実に得る方法が良さそうです。

スポンサード リンク