世界の高金利通貨ランキング

オーストラリアドル 政策金利

お気に入りに追加

オーストラリアドルの政策金利と推移

オーストラリアドル オーストラリアドルの政策金利は2017年10月現在1.50%です。

 2014年に入ってからは2.50%の政策金利で継続となっていましたが、2015年2月・5月とにそれぞれ0.25%の利下げ、その後は据え置きとなっています。2016年3月の豪中銀の発表では、現状の緩和政策は適当としているものの、低インフレ率が利下げ余地の可能性が示唆され、5月に0.25%の利下げ、6月は据え置きでしたが、8月に利下げ、9月以降据置となっています。2017年5月の豪中銀の発表では、世界経済は改善の方向、インフレ率は今後2年間で上向く見通しなどとの発表となっています。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1.50 1.50 1.50 1.50 1.50 1.50 1.50 1.50 1.50
2016年 2.00 2.00 2.00 2.00 1.75 1.75 1.75 1.50 1.50 1.50 1.50 1.50
2015年 2.50 2.25 2.25 2.25 2.00 2.00 2.00 2.00 2.00 2.00 2.00 2.00
2014年 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50
2013年 3.00 3.00 3.00 3.00 2.75 2.75 2.75 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50
2012年 4.25 4.25 4.25 4.25 3.75 3.50 3.50 3.50 3.50 3.25 3.25 3.00
2011年 4.75 4.75 4.75 4.75 4.75 4.75 4.75 4.75 4.75 4.75 4.50 4.25
2010年 3.75 3.75 4.00 4.25 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.75 4.75
2009年 4.25 3.25 3.25 3.00 3.00 3.00 3.00 3.00 3.00 3.25 3.50 3.70
2008年 6.75 7.00 7.25 7.25 7.25 7.25 7.25 7.25 7.00 6.00 5.25 4.25

スポンサード リンク

オーストラリアドルは、外貨預金、外貨MMF、FXでも投資が可能

 

 オーストラリアドルも南アフリカランドと同様、外貨預金、外貨MMF、FXのどれでも投資が可能です。

 外貨預金は、大手都市銀行などでも扱っていますが、利率がいいのは楽天銀行2年もの定期預金で1.50%の利息(2017年9月調べ)、為替コストは45銭、投資金額は10通貨からです。

 外貨MMFの取扱いは、楽天証券に取扱があります。利息1.0585%(2017年9月調べ)で、スプレッドは70銭、10通貨単位と小額の数百円程度から投資が可能です。

 利息、利回りの高さならFXが最強で、オーストラリアドルで一番利息の高いヒロセ通商 LION FXだと、1万通貨で1日50円(2017年9月調べ)、レートを88円とすると、50X365÷88万円=約2.07%。
 レバレッジを考慮すると、最近の最安が2009/10/31の54.96円なので、このレートで耐えれる証拠金を計算すると、レバレッジが25倍なので、必要証拠金が88X1万÷25=35,200円、ドローダウン(最大損失が)が(88-54.96)X1万=330,400円、足して3165,600円。
50X365÷365,600=約4.99%となります。

主要通貨の一角だけに、比較的レートも安定!
高金利通貨の中では、もっとも安心感のある通貨です。

会社名 スワップ金利 スプレッド 手数料 取引数量
ヒロセ通商 LION FX 50円 0.7銭 無料 1000通貨~
SBI FXTRADE 48円 0.77銭 無料 1通貨~
GMOクリック証券(くりっく365) 48円 0.7銭 無料 1万通貨~
セントラル短資FX 38円 3銭 無料 1000通貨~
DMM FX 37円 0.7銭~ 無料 1万通貨~

外貨MMFなら楽天証券

楽天証券

楽天証券なら、10通貨から外貨MMF投資ができます。
オーストラリアドル以外にも、トルコリラ、南アフリカランドなど、高金利通貨のMMFの取引が可能、スプレッドも他の証券会社と比べて最安水準です。
→楽天証券の詳細はこちら


スポンサード リンク